{{currentNews.object}}
{{currentNews.subject}}

{{currentNews.quotation}}

設計図を座標でくみ上げ、実体化するプリント技術が立体化したのは1980年代のことです。 しかし初期の3Dプリンターには問題が多く、実用に耐えるものではなく普及には至りませんでした。 1990年代のメーカー各社が競うように進めた技術開発を経て、ようやく現在、さまざまな分野で3Dプリンターが新たな可能性を切り開くまでになったのです。

部品のひとつひとつを製造する工程を省略し、最初から完成品を作り上げられる3Dプリンターによって、医療分野、特に歯科業界には大きな影響が現れつつあります。

歯科業界に見る3Dプリンターの活用と可能性

ひとことに「3Dプリンター」と言っても、性能・機能によって使用用途は多種多様ですが、中には口腔外科で実際に使用されているような事例まであります。

CTスキャンで精密に抽出された患者の口腔データを元に3Dデータに変換し、上あごと下あごの模型を3Dプリンターで作成することが出来るのです。これが低価格の3Dプリンターでも可能ということですから、本当に驚きです。今後は、歯科医に行けば家庭用3Dプリンターが置いてあり、次の診察の時代には自分の模型が出来上がっているといったことが通常の時代になるかもしれません。

または、複数の素材を組み合わせて患者の口腔を完全再現し、インプラントなどの歯科器具を装着テストすること、失った歯を補うための義歯の型を作ることなどに運用されています。 今のところ3Dプリンターの歯科業界での活用は模型などに留まっており、実装には至っていません。 しかし、続々と世界中から発表されるこれらのアイデアが現実に普及すれば、これまでよりも格段に歯科装具の生産効率は向上し、コストも下げられるはずです。 CTスキャンから歯科治療に移り、すぐにインプラント義歯ができあがって即実装できる、そんな未来が、近々やって来る可能性もあるでしょう。 地道な手作業で行われてきた歯科装具の世界にも、ついに新しい技術の夜明けが訪れようとしているのです。

患者の口腔デザインを再現する光造形3Dプリンターについて

誰の目にも患者が持つ口腔環境の個性が見分けられるように作るアイテムが模型です。その素材には光の照射によって固くなる「光硬化性樹脂」が使用され、出力ピッチによって25ミクロン、50ミクロン、100ミクロンという薄い層を重ねて造形されます。 出力ピッチというのはプリントを重ねていく幅の厚みのことで、現在ではある程度その薄さを調整できるようになっています。 1ミクロンは1ミリメートルの1000分の1ですから、目に見えるか見えないかというほどの精度で造形を再現できる機能が搭載されているのです。

2000年代に入ってからの技術開発の進捗はさらに目覚ましく、世の中で話題になった3Dプリンターによる歯科装具の中には、虫歯の原因菌を死滅させる「絶対に虫歯にならない歯」などというアイテムもあります。 それも今のところ実装はされていませんが、これからの歯科業界にとって、3Dプリンターはなくてはならないものとなるでしょう。

>>>豆知識 に戻る

豆知識

  • {{n.object}}